浅部すべりの過去(1) どこで起こったのか?

 2011年東北地方太平洋沖地震の震源に近い宮城県沖では,地震時に大きなすべりが海溝軸にまで及んだことによって,地震発生の前後で顕著な構造の変化があったことを見いだしました.

 

 これは浅部すべりがあったことの重要な証拠です.

 

 そして,同様な特徴を持つ構造が他の海域でも認められれば,それは過去に発生した浅部すべりの痕跡と認めることができます.

Topics

平成26年度

6月  ホームページ開設

8月  AOGS

10月 日本地震学会

      白鳳丸KH14-4次研究航海

12月 AGU

3月 研究集会@東大震研

 

平成27年度

5月 新青丸KS15-3次研究航海

    凌風丸

6月 研究集会@東北大

   進捗評価

9月 かいれいKR15-15次研究航海

 

平成28年度

4月 EGU

5月 凌風丸航海

9月 新青丸KS16-14j次研究航海

10月 地震学会@名古屋

11月 (国際会議)

12月 AGU

3月 白鳳丸KH17-J02研究航海

 

平成29年度

4月 かいれいKR17-06次研究航海

4月 EGU

5月 JpGU

8月 IAG-IASPEI@神戸

8月 進捗評価ヒアリング

10月 新青丸KS17-13次研究航海

11月 地震学会@鹿児島

12月 AGU

3月 海底測地学WS@カナダ

 

 

平成30年度

4月 EGU

5月 JpGU

8月 新青丸KS18-10次研究航海

10月 地震学会@郡山

12月 AGU

3月 研究集会

 

平成31年度

4月 基盤研究(A)採択

   post-JDASH始動

5月 JpGU